コツコツエンジニアブログ

30代既婚の男(会社員)がシステムエンジニアのキャリアやスキルアップの情報や趣味の情報(ボードゲーム・革靴)を発信する

【お勧め】【子供と遊ぶボードゲーム】GRE IF ZU「いそいでさがそう」

30代で3歳の子供がいるパパ(職業:エンジニア)です。
今回は私が趣味にしているボードゲームの紹介をしたいと思います。

子供と一緒にボードゲームをしたいと考えている方の参考になればと思います。


今回ご紹介するのは、3歳の子供と楽しんでいるボードゲームGRE IF ZU』になります。


 

 

 

 

 

1.ゲームの遊び方

ゲームの遊び方は、シンプルです。
ゲーム内で使用する道具は、4つのさいころ(絵柄が6面にある)と絵柄のカード(車やハート等が数種類あります)になります。


【ゲームの準備】

全ての絵カードを表向きにしてテーブルに並べます。

【遊び方』
時計回りでゲームを進めます。一番年下のプレーヤーから始めます。4つのさいころを同時に振ります。

さいころを振った人も、他の人も一斉にさいころの示す絵と同じ絵カードを取ります。

1枚取った後も、続けてカードを取ることができます。

ハートは2枚カードがあるので、2枚とも取ることができます。

4枚取り終えたら、間違ってないかをみんなで確認します。

間違ってカードを取っていたら、手持ちのカードを1枚場に返します。

 

さいころの絵全ての絵柄が場にない場合

虹カードを取ります。最初に虹カードを取った人は、場にある好きなカードと交換できます。

間違って虹カードを取ってしまったら、手持ちのカードを1枚場に返します。

どちらの場合も、取った虹カードは場に返します。

 

※火のマークが出た場合

さいころを振って火のマークがでたら「さわっちゃだめ!」の意味です。

やけどしてしまうので、誰もカードを取ることができません。

間違ってカードを取ってしまった場合は、手持ちのカードを1枚場に返します。

 

ゲームの終了

テーブルのカードが5枚以下になったら終了です。

一番多くのカードを取った人が勝者です。

取ったカードをそれぞれ積み上げて、一番高く積みあがっている人が勝ちになります。

同数の場合は、どちらも勝者になります。

 

2.『GRE IF ZU「いそいでさがそう」』ゲームの魅力

ゲームの魅力としては、子供と楽しめる点にあります。

ルールが単純なので子供でも簡単に理解することができます。

そして、子供でも大人より早くカードを取ることもできます。

カードと同じ絵柄のカードを取るだけなので、単純です。

単純ですが、さいころを振って火のマークが出た場合はカードを取れないルールやさいころを振って同じ絵柄のカードがない場合虹カードを取るルールがあることで、少し頭を使うのでゲームをしながらみんなで盛り上がることができます。

人数も2人からでもできるので気軽に遊ぶことができます。 

 

3.まとめ

子供と遊べるゲームはいくつか紹介してきましたが、今回のゲームも人数にこだわらずできて、幼児とでも一緒に楽しく遊ぶことができるボードゲームになります。

今回の情報が少しでもボードゲームを楽しむ機会に繋がれば嬉しいと思います。


 

【書評】システムエンジニアのスキルアップへの近道『資格は力』

現役でシステムエンジニアをしているコツコツエンジニアです。

本日は、SE(システムエンジニア)のスキルアップ関連の本を紹介したいと思います。

 

私は、10年以上システムエンジニアの仕事をしておりますが、SE(システムエンジニア)がスキルアップするためにはどのようにすればいいのかと考えております。

もちろん、目の前の仕事を一つ一つこなしていけばいいのだろうが、何かヒントはないかと書店等で本を探しております。

そこで、過去私が出会い共感を受けた本を紹介させて頂きたいと思います。

 

『資格は力』

 

この本は、エンジニアとして何を勉強すれば良いのかについて一つの答えを提示してくれるので参考になる方は多いのではないかと思います。

 

 

1.お勧めポイント

 本の内容としては、システムエンジニアの著者が資格を取得することのメリットを伝えてくれます。

情報処理試験の勉強方法や試験対策のことも記載されているので、参考になります。

体系だってIT系の資格を紹介してくれているので、何を目指すかがわかりやすいです。

 

一番個人的に参考になるのは、資格の意義を説明してくれてる箇所になります。

システムエンジニアスキルアップをするには何を勉強したらいいんだろうかって悩むこともあるかと思いますが、資格取得の勉強によりスキルアップを進めると言う1つの解を教えてくれるので、参考になります。

なぜ、必要なのかも色々な視点で説明してくれています。

例えば、肩書きとしての魅力や実力をつけていい仕事をするための魅力を伝えてくれています。

 

2.私の活用事例

この本を読んで、あらためて資格取得の意義を確認しました。

資格取得に対するモチベーションを高めることができました。

情報処理試験は、システムエンジニアの基礎知識になると思うので、忙しくてもなるべく毎年受験するようにして知識を蓄えるようにしています。

 

3.まとめ

システムエンジニアスキルアップにつながる資格取得に関して色々と学ぶことができる。資格取得の意義や勉強方法など色々な視点で学ぶことができます。

 

最後のページに資格に関するアンケートがあるので、それもモチベーションアップにつながります。

 

前向きにシステムエンジニアとしてスキルアップの一歩前進になればと思います。

少しでも、今後のスキルアップに役立つ知識が提供できれば嬉しいです。

 


 

 

【お勧め】【大人が履けるコスパの良いスニーカー】ジャーマントレーナーのスニーカーを紹介

f:id:k_se_cip:20210608204234j:image

 

30代でシステムエンジニアをしているコツコツエンジニアです。

本日は、スニーカーの紹介をしたいと思います。

最近はスニーカーを履く機会が多くなっているので、いくつあっても揃えていきたいと思ってしまいます。

 今回そんな中でも一足あれば万能に使いこなせる大人のスニーカーをご紹介したいと思います。

今回選んだスニーカーは下記になります。


 

 

目次

 

1.ジャーマントレーナーの魅力

一点目の魅力は、洋服を選ばないところにあるかと思います。

カジュアルの場面では当然使えるのですが、ジャケパンスタイルでも似合っているスニーカーになります。

色は黒と白が展開されているのですが、シンプルで非常に使いやすいです。

ボリューム感もないので、どんなファッションの邪魔もしないスニーカーになります。

 

二点目の魅力は、コスパが良いところにあります。

高級なスニーカーで探せば、同じような見た目の高級感のあるスニーカーはあるかと思いますが、1万円を下回る値段でこの見た目のスニーカーは中々ないかと思っております。

しかも、スエード素材が一部入っているので、シンプル過ぎないところも魅力です。

 

三点目の魅力は、ブランドがスポーツブランドでないところです。

スポーツブランドのシンプルなスニーカーだと周りの人とかぶってしまうことが多いかと思いますが、ジャーマントレーナーはそこまで周りとかぶらないのも魅力的だと思っております。

2. ジャーマントレーナーのスニーカーのサイズ感

靴のサイズは、(USA 9 1/2)を入っております。

私は幅広な足をしておりますが、上記のサイズで問題なく履けております。

横幅も気になることはありません。

 

参考に私の他の靴のサイズを記載します。

  • チャーチのコンサル 26.5㎝
  • プーマのスニーカー 27㎝
  • スコッチグレイン革靴(4E) 26㎝ ※インソールあり

 

3.まとめ

コスパが良いスニーカーだと思っております。

どんな洋服でも万能にあわせてくれるスニーカーなので一足持ってると非常に役に立つと思います。

私は履きつぶしてもリピートして買いたいと思っているコスパ最強の万能スニーカーになります。

 

個人的には、黒を所有しておりますが、白も使いやすいと思います。

 

大人が履けるスニーカーの選択肢の一つとして頂ければ幸いです。

今回の情報が少しでも、お役に立つ情報になれば嬉しいです。

 


 

 

【お勧め】仕事用に革靴を選ぶなら一足は欲しい!!(エラスティックシューズの魅力(※紐なしだけどビジネスにも対応))

f:id:k_se_cip:20210531182810j:image

30代でシステムエンジニアをしているコツコツエンジニアです。
今回も私の趣味でもある革靴の紹介をしたいと思います。

今回紹介しようとしている革靴は、エラスティックシューズになります。

簡単に言うとひもなしで履き口がゴムになっている革靴になります。

 

紐なしの革靴なのですが、ローファーほどカジュアルではないので、TPOによるがビジネス場面でも十分対応できる革靴になります。

紐で結ぶのは面倒くさいが、カジュアルな靴ではなくビジネスで対応できる革靴が欲しいと思っている方にはお勧めできるかと思います。。 

 

私が持っているブランドは、ロイドフットウエアのVシリーズのセンターエラスティックシューズになります。

 

目次

 

 

1. エラスティックシューズの魅力

今回ご紹介するエラスティックシューズの魅力について説明させて頂きたいと思います。

 

まず、紐がないので履きやすいと言うのが魅力です。

革靴を脱ぎ履きするときに紐の結び直しするかしないか問題があるかと思います。

基本的には、紐をほどかないで脱ぎ履きすると傷みやすいので、大事にしている革靴は基本的に靴紐をほどいている方も多いかと思います。

ただ、これが玄関で出かける時と家に帰って脱ぐときだけならば多少の苦痛だけなのですが、仕事中に足が蒸れたので少し靴を脱ぎたいときや、お店に入って脱ぎ履きしなければならない場面に遭遇した時はかなり面倒に感じます。

時間がない時は、面倒くさいと思って靴紐を結んでまま脱ぎ履きしてしまいます。

そうすると折角大切にしていた革靴が傷みやすくなってしまいます。

 

今回紹介しているエラスティックシューズは、履き口がゴムになっているので靴も傷まずに脱ぎ履きできるのはかなり魅力です。

 

次に、同じ紐なしのローファーよりもビジネスで使える点です。

紐なしなのにビジネス場面で履いても違和感がありません。

私も職場にローテーションの一角として履いていております。

ローファーと比べて、紐ありの革靴と風貌があまり変わらないことが魅力的だと思っております。

 

2. センターエラスティックとサイドエラスティックの違い

エラスティックシューズの中でも、サイドの脇回りにゴムが配置されているのがサイドエラスティックシューズになります。


 

https://amzn.to/3uJKDhE

 かなりかっこいいですね。

 

次に、私が持っているセンターにゴムがあるのがセンターエラスティックになります。

ゴムが隠れているのは個人的に魅力的に感じます。


 

 

3.まとめ

靴を大切にして長く履きたいけど、靴を脱ぎ履きは楽にしたいと思う方にはおすすめです!

 

【お勧め】【革靴好きも納得のスニーカー】ニューバランスのM576 MADE IN ENGLANDを紹介

f:id:k_se_cip:20210524185737j:image

 

30代でシステムエンジニアをしているコツコツエンジニアです。

本日は、私の趣味でもある靴の紹介をしたいと思います。

いつもだと革靴をご紹介しているのですが、今回はスニーカーの紹介をしていきたいと思います。

 

最近は、テレワークが進んでいることもあって革靴を履く機会が減ってきてます。

それに代わって小さな子供がいる影響もあるのですが、スニーカーを履く機会が増えてきました。

そこで、30代が履いてもかっこよくきまるスニーカーを購入しましたので、選んだ経緯やサイズ感を含めて紹介していきたいと思います。

 

今回選んだスニーカーは下記になります。

New Balance M576 MADE IN ENGLAND スニーカー カラー:ブラック

 

 目次

 

1. New Balance M576を選んだ理由

 今回スニーカーを選ぶにあたり、こだわったのは大人が履けるスニーカーを選ぶことにこだわりました。

お店に足を運んだり、色々なサイトを見て情報を集めていきました。

 

その中で候補の靴が3足あり、その中から検討することにしました。

① NIKE Air Max97 ブラックカラー

② NEW Balance M1500 ネイビーカラ

③ NEW Balance M576 ブラックカラー

 

大きく分けるとNIKENew Balanceにしようとしておりました。

これらを候補にした理由は、ボリュームがあるスニーカーだが大人でも履けそうなスニーカーを選択しました。

かつ、履き心地に定評のあるものを選択しました。

 

① NIKE Air Max97 ブラックカラーについて 

候補の中で、最初に惹かれたのはAir Max97でした。

何といっても渦を巻いている見た目は、コーディネートが難しそうな気もするのですが、非常に惹かれるものがありました。

靴単体で人との違いを出せるのも魅力的だと思いました。

 

そこで、試着しに行ったのですが靴の横幅がかなり細めに作られているので、幅広な足をしている私のサイズにはしっくりきませんでした。

しかも、妻からもボリュームがありすぎるので、普段の洋服の雰囲気と靴がマッチしないのではないかと指摘を受けて、なるほどと思い選択肢から除外しました。


 

② NEW Balance M1500 ネイビーカラーについて

次に候補に考えていたのは、NEW BalanceのM1500でした。

 Nマークが小さめにされているのが魅力的だと思いました。

ボリュームもあり履き心地にも定評があるので、有力候補だと思っておりました。

ただ、実際に店舗で見てみると、次に紹介するオールレザーのM576と比べると、私の感覚からすると少し見劣りするなと思いました。

メッシュがあるよりもレザーの方がぐっと大人が履きやすいスニーカーだと思いました。

 


 

 

③ NEW Balance M576 ブラックカラー

②の靴を試着しに行った際に出会ったのが、M576になります。

とにかくオールレザーが魅力的に感じました。

履き心地も非常に良かったです。

NEW BalanceのNマークは小ぶりの方が好きなのですが、Nの色がまわりの色と同系色なので目立つこともないので非常に履きやすいと思いました。

そこからは一目惚れで、M576 のブラックカラーを選択しました。


 

2. New Balance M576のサイズ感

靴のサイズは、27.5(USA 9 1/2)を選択しました。

私は幅広な足をしております。問題なく履けております。

ワンサイズ下でも大丈夫かもしれませんが、現品限りだったので購入しました。

 

参考に私の他の靴のサイズを記載します。

  • チャーチのコンサル 26.5㎝
  • プーマのスニーカー 27㎝
  • スコッチグレイン革靴(4E) 26㎝ ※インソールあり

 

3. まとめ

NEW Balance購入は初めてだったのですが、最高のスニーカーを見つけたと思っております。

大人でも履けるボリュームある靴が欲しい方には、お勧めのスニーカーになります。

かつ、シンプルなので洋服とも合わせやすいので色々なコーディネートができるかと思います。

 

大人が履けるスニーカーの選択肢の一つとして頂ければ幸いです。

今回の情報が少しでも、お役に立つ情報になれば嬉しいです。


 

 

【お勧め】【ロイドフットウエア】タッセルローファーを紹介

f:id:k_se_cip:20210514082213j:image

30代でシステムエンジニアをしているコツコツエンジニアです。
私の趣味でもある革靴の紹介をしたいと思います。

今回紹介しようとしている革靴は、タッセルローファーになります。

 

オンオフ兼用の便利な靴と言えば、タッセルローファーだと思っております。

個人的には、トゥが丸くて全体的なバランスも好みであるロイドフットウエアのタッセルローファーをご紹介したいと思います。

コスパも非常に良いです。 

 

紹介させて頂く靴は、

ロイドフットウエアの「 4278/EW11 Walnut Burnish 」になります。

 

 

 1.(ロイドフットウエア)タッセルローファーの魅力

ロイドフットウエアは、知る人ぞ知る昔ながらの英国靴の専門店になります。

コストパフォーマンスがよいイギリス靴になります。

今回ご紹介するのは、ロイドフットウエアのVシリーズ(一番最安値のシリーズ)になります。

Vシリーズは、以下の特徴になります。

  • ソールがラバー(ダイナイトソール)
  • グッドイヤーウエルト製法(ソール交換がしやすいので、長く愛用可能)
  • 価格が安い(3万円台)

Vシリーズはコスパが良いロイドフットウエアの中でもコスパ最強の靴だと思っております。

今回はその中で、私が最も使いやすい靴だと思っているタッセルローファーについて紹介していきます。

 

今回のタッセルローファーの魅力は、何といってもイギリス靴特有のトゥの丸っこさにあります。絶妙な靴全体のバランスが魅力的です。

タッセルローファーは、ビジネス・カジュアルのどちらの場面でも使いやすいので、1足持っていれば重宝します。

しかも、ダイナイトソール(凹凸のあるソール)を使用しているので雨が降っても滑りにくいので、天候に気にせず着用することができます。

また、カラーはオンオフ兼用を考えて茶色にしました。 

 

私にとっては、超オールラウンドプレーヤーの靴となります。

 

2.サイズ感

 ホームページ等で確認するとウィズはEになります。

8.0(26.5)を着用しております。

参考に他の靴のサイズを記載します。

  • チャーチのコンサル 26.5㎝
  • プーマのスニーカー 27㎝
  • スコッチグレイン革靴(4E) 26㎝ ※インソールあり

 

基本的にフィッテイングを重視しているお店なので伺って、試着するとややきつめのフィッテイングを勧められます。

きつめのフィッテイングから革をなじませてジャストサイズにすることを勧められます。

私の場合は、以前に購入した際に同じシリーズの7.5(26.0)を購入していたのですが、長く履いても小指が痛いままで、かつローファーなのでハーフサイズ上げて購入しました。

私の足がやや幅広の足なのでジャストサイズになります。

 

3.まとめ

今回のロイドフットウエアのタッセルローファーは、オンオフ兼用で使えるコスパ最強靴になります。

しかも、長年愛用することも可能なので愛着が沸く一着になると思います。

 

今回の情報が少しでも、お役に立つ情報になれば嬉しいです。


 


 

 

【書評】【SEスキルアップ関連本の紹介】『ソフトウエア開発で伸びる人、伸びない人』

現役でシステムエンジニアをしているコツコツエンジニアです。

本日は、SE(システムエンジニア)のスキルアップ関連の本を紹介させて頂きたいと思います。

『ソフトウエア開発で伸びる人、伸びない人』

 

システムエンジニアの職業をスタートしたばかりの人、どうすればスキルアップできるかを考えているシステムエンジニアの人等には、非常に興味の沸くタイトルになっているかと思います。

現役のエンジニアである私が読んで業務に活かせると思った思考がいくつかありましたので、紹介させて頂きます。

 

 

  1. お勧めポイント
  2. 私の活用事例
  3. まとめ

 

1.お勧めポイント

本の内容としては、タイトル記の通りなのですが、ソフトウエア開発の現場で伸びる人、伸びない人について記載されています。

その中で、私が気づきを与えてもらったと思うキーワードについて、紹介させて頂きたいと思います。

【伸びる人】

・保守まで考える技術者

・能動的に仕事をする人

【伸びない人】

・「わかりません」と言えない人

・競争相手を他人と考えている人

 

まず、【伸びる人】について詳細に紹介します。

保守経験が何年かある私にとっては、保守まで考える技術者が伸びる人と言うのは、しっくりきました。確かに、開発の段階か既にシステムの拡張性やドキュメントの精度などを考えられる技術者は優秀だと思っております。

また、受動的でなく能動的に仕事をすれば、失敗しても気づきも早いし、学ぶことも多くなると思っています。

 

次に、【伸びない人】について紹介したいと思います。

全て「わかりません」だと難しいと思いますが、わからない部分を不明瞭に理解して進めて失敗をしてしまうのは、ありがちなことだと思ったので気を付けなくてはいけないと思いました。

競争相手を他人と考えている人の説明で私が気になったのは、他人をライバル視してしまって悲観して動けなくなってしまうことになります。

気を付けなくてはいけないと思いました。 

 

2.私の活用事例

【伸びる人】に関しては、保守性を上げるためにドキュメントの精度を高めたいと思っております。

人並ではありますが、曖昧な表現をしないようにしていきたいと思っております。

 

【伸びない人】に関しては、システムエンジニアは新しい知識を習得する機会が多いので、その際にどこまでわかったかをアウトプットするように心掛けていきたいと思いました。

それにより、わからない部分を明確にしていきたいと思います。

 

3.まとめ

システムエンジニアとして、どうすれば伸びていけるのかがわかるので、参考になるかと思います。

一般的なこともあるかと思いますが、気づきを与えてくれる良書になっているかと思います。

前向きにシステムエンジニアとしてスキルアップの一歩前進になればと思います。

 

少しでも、今後のスキルアップに役立つ知識が提供できれば嬉しいです。