コツコツKの趣味(靴とボードゲーム)ブログ

30代後半の男が趣味(靴・ボードゲーム)を中心に情報を発信する(たまに仕事(SE)の情報も発信する)

【革靴の魅力:タッセルローファー】オンオフ兼用可能

30代でシステムエンジニアをしているコツコツエンジニアです。

私の趣味である革靴について情報を提供したいと思います。

今回は、タッセルローファーの魅力について語っていきたいと思います。

 

「以前は革靴をよく履いていたんだけど、リモートワークの機会が多くなってきたので、スーツ着る機会が減ってきたので、革靴使わないな」と思っている方が多いかと思います。

私もそう思っている一人ではあるのですが、やっぱり革靴は魅力的なので履いていきたいと思っています。

そこでオンオフ兼用で使える革靴として、タッセルローファーの魅力をお伝えできればと思います。

 

  1. タッセルローファーについて
  2. タッセルローファーの魅力
  3. まとめ 

 

1.タッセルローファーについて

ローファーで房飾りが付いているものが、タッセルローファーになります。

ネットで検索してみるとローファーはビジネスの場では向かないが、タッセルローファーではビジネスの場でも利用できると紹介されてることがあります。

実際には、ビジネスの場と言っても色々な業種や場面によって左右されるかと思います。

業種によっては、堅い職場なので穴飾りがある靴でも難しいところもあるかと思います。

IT業界ではお客様常駐もあるので、一概には言えないのですが、お客様が堅い会社で常駐する場合でなければ、ある程度自由に革靴を選択することが出来るかと思います。

タッセルローファーも履けるかと思うので選択肢の一つになるかと思います。

 

2.タッセルローファーの魅力

私が魅力に感じている点は以下になります。

・ 革靴なのに脱ぎ履きしやすい点

・ ローファーなのに、ビジネスの場面で使いやすい点

・ タッセルがあることにより、シンプルになりすぎてない点

・ カジュアルで使いやすい点

上記あげている点をみると、オンオフどの場面でも使える最高の革靴だと思います。

カジュアルで革靴を取り入れる時には、デニムにあわせて取り入れるとかっこいいと思います。

 

スーツで合わせる時は、フランネルの素材のスーツにカラーソックス履いて、タッセルローファーを履くと個人的にはカッコいいと思ってます。

 

3.まとめ

最初にもお伝えしたのですが、オンオフ兼用できるのが魅力的なのは当然なのですが、他にもカジュアルでコーディネートする際に合わせやすいのも魅力的です。 

タッセルローファーの魅力が少しでも伝わればと思います。

 

今回の情報が少しでも、役に立つ情報になれば嬉しいです。

【お勧め】【42ND ROYAL HIGHLAND】Uチップの革靴を紹介

30代でシステムエンジニアをしているコツコツエンジニアです。

本日は、私の趣味でもある革靴の紹介をしたいと思います。

今回紹介しようとしている革靴は、私の中ではコスパ最強の革靴だと思っております。

私はスーツやカジュアルの服装よりも、革靴にお金をかけるほど革靴が好きです。

革靴好きの私が今まで見てきた中で、一番コスパが高いと感じた靴を紹介します。

パラブーツが好きな方は、非常に興味持って頂けるかと思います。

 

 

紹介させて頂く靴は、42NDのExplorerシリーズになります。

「CHN7401F-01」Vチップになります。

f:id:k_se_cip:20210506181158j:image

42ND ロイヤルハイランド エクスプローラー Uチップ ブラック (42ND ROYAL HIGHLAND Explorer CHN7401F-01 BLACK)

※革や色は違いますが、リンクを載せておきます。

 

【目次】

 

1.42ND ROYAL HIGHLANDの魅力

42NDの魅力はコストパフォーマンスが抜群なとこにあるかと思います。

特にこのExplorerのシリーズは、パラブーツ等でも使用されるノルウェージャンハンドソーンウェルテッド製法を採用しています。 

外側にぬい糸が見えることも魅力的です。

私のは昔の革なのですが、最新の革は、世界最高峰のタンナーのひとつであるフランスのアノネイ社製ボックスカーフを使用しているので、より魅力的になったと思います。

Explorerのシリーズは、見た目がボリュームある点も魅力的です。

 

 

 

2.CHN7401F-01(Uチップ)のサイズ感

幅は、やや広めのサイズかと思います。

私は、26.5㎝を持っております。

前の羽根が閉じてしまうので、厚みのあるソックスを履くようにしています。

参考に、他の靴のサイズを記載します。

・チャーチのコンサル 26.5㎝

・プーマのスニーカー 27㎝

スコッチグレイン革靴(4E) 26㎝ ※インソールあり

 

カジュアルに履きこなせる靴なので、厚みのある靴下を履くのは問題ないのですが、もう少し幅広く履きこなしたかったので、ワンサイズ下げても良かったかと思ってます。

 

3.まとめ

コスパ抜群の良い靴だと思います。

ジャケパンにあわせて履いたり、カジュアルに使える靴だと思います。

私のは色がネイビーなので、ビジネスには使いにくいのですが、ビジネスの場面でも時々使用しています。

個人的には、Explorerシリーズのゴツさと機能性が気に入っています。

Uチップやプレートゥのシューズもかなりかっこいいと思います。

 

今回の情報が少しでも、役に立つ情報になれば嬉しいです。 

 


 

 


 

 

【お勧め】【子供と遊ぶボードゲーム】スティッキー

30代で3歳の子供がいるパパ(職業:エンジニア)です。
今回は私が趣味にしているボードゲームの紹介をしたいと思います。

子供と一緒にボードゲームをしたいと考えている方の参考になればと思います。
今回ご紹介するのは、3歳の子供と楽しんでいるボードゲーム『スティッキー』になります。

 

◆良かった点

『スティッキー』の良かった点は以下になります。
・ ルールが簡単で分かりやすい点(棒を抜いていくだけのため)
・ 子供と大人の実力差があまりでない点

 

 

◆子供と遊ぶボードゲームの選び方

子供と遊ぶボードゲームを選ぶ基準は、他の記事でもお伝えしたいように子供も大人も楽しめるボードゲームを選ぶようにしています。
このスティッキーと言うゲームはまさに子供でも大人に勝つ可能性が高いボードゲームになります。

 

◆ゲームの遊び方

ゲームの遊び方は、非常にシンプルです。
ゲーム内で使用する道具は、スティック何十本(色は赤,青,黄)・リング・さいころ(赤,青,黄が目)になります。
ゲームの準備として、スティック複数本を束ねリングで固定します。
準備後、順番にさいころを振り出た色目のスティックを1本づつ抜いていきます。
倒れた時点でゲームが終了となり、得点を計算することになります。
スティックの色により点数が異なります。(青=3点、赤=2点、黄=1点)

ただし、我が家では、子供が小さいこともあり点数はわかりにくいので、スティックの束を倒した人が負けのルールでしております。

 

◆『スティッキー』ゲームの魅力

何といっても魅力は、ゲームのルールが単純なことにあります。
子供と同じ目線でゲームができる点は非常に魅力的に感じております。
しかも、何度実施してもゲームに飽きにくい点があります。
持ち運びに関しても、カードゲームよりは携帯性はないのですが、ある程度大きい筆箱サイズの袋に収納することができるので、旅行等でも問題なく携帯できます。
スティッキーはゲームの決着が早くつくので、ボードゲームをいくつかやる際の合間に実施するのもお勧めかと思います。

 

◆まとめ

子供と遊べるゲームをいくつか紹介させて頂いておりますが、今回のスティッキーが一番ルールは単純だと思っております。
そのため、幼児と一緒にボードゲームを楽しもうと思う場合、最適のゲームになるかと思います。

今回の情報が少しでもボードゲームを楽しむ機会に繋がれば嬉しいと思います。

 


 

【書評】【SEが仕事を楽しむための本】『どんな仕事も楽しくなる3つの物語』

現役でシステムエンジニアをしているコツコツエンジニアです。

本日は、SE(システムエンジニア)と直接関係はないのですが、私のようにシステムエンジニアの仕事がつまらないので早く業種チェンジをしたいと常々思っていた方に、仕事が少しでも楽しくなるきっかけになる本だと思いますので、参考になればと思います。

 

『どんな仕事も楽しくなる3つの物語』

 システムエンジニアになったけど、本当は違う職業に就きたかったと思っている方には非常にお勧めな本だと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

増補改訂版 どんな仕事も楽しくなる3つの物語 [ 福島 正伸 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2021/5/4時点)

 

 

  1. お勧めポイント
  2. 私の活用事例(システムエンジニアの仕事に関連して考える)
  3. まとめ

 

1.お勧めポイント

本の内容としては、最初に3つもの物語が紹介されています。
その後で、「仕事が感動に変わる5つの心構え」として、仕事を通して感動を得るためのポイントが記載されています。

 

私が感銘を受けたのは、2話目の「日本一のタクシー会社」と言うお話しです。
著者が、タクシーに乗った際の運転手さんが常に笑顔でいて、かつ、カーブを曲がる際にもお客様が揺れないように気を使いながら運転していることやお客様と次回お会いした際に会話が続けられるように会話をメモしておくことを紹介しております。
上記のように仕事を楽しんでいられることを紹介しております。

その中で私が最も感銘を受けたのは以下の内容でした。
運転手さんが自身の仕事は、人を目的値に運ぶルーティンワークではなく、新しい発見ができる創造的な仕事だと言っております。
そして、「この会社を、日本一にしたいんです!」と言ったことに感銘を受けました。
仕事や会社に対して、誇りをもって働いていることの大切さを感じました。

「仕事が感動に変わる5つの心構え」に関しては、私の仕事(システムエンジニア)との関連を含めてご紹介したいと思います。

 

2.私の活用事例(システムエンジニアの仕事に関連して考える)

5つの心が前は以下が記載されています。
①.仕事の意味を考える
②.ものごとを前向きに受け止める
③.自己原因で考える
④.自分の可能性を信じて自分らしくやる
⑤.目指すことを、あきらめない

まずは、「①.仕事の意味を考える」について考えていきたいと思います。
私は業務システムのエンジニアの仕事をしているので、全ての業務システムを統括的に担当するのではなく、一部の設計・テストのみを担当することもあります。
ただ自分の担当分をこなすのではなくて、お客様の業務全体を意識して、業務を担当していきたいと思います。

次に、「②.ものごとを前向きに受け止める」について考えていきたいと思います。
システム開発や保守の現場では、日々問題が発生することがあります。
その時、如何にして乗り越えていくかが試されますので、前向きな思考をすることは非常に大切なことだと思っております。

最後に、「⑤.目指すことを、あきらめない」について考えていきたいと思います。
システム開発の現場では、期限があるのでシステムの最高品質を求めることは時間的に許されないことが多いかと思いますが、できる範囲での最高品質を目指し続けることは大切だと感じております。
範囲内での最高品質を求め続けるのがプロフェッショナルだと思っております。

 

3.まとめ

システムエンジニアとしては、仕事を楽しむためにもプロフェッショナルであり続けることは大切だと思っております。 

少しでも、仕事を楽しむことに役立つ知識が提供できれば嬉しいです。


 

【お勧め】【SEスキルアップ関連本の紹介】勝ち残りSEへの分岐点

現役でシステムエンジニアをしているコツコツエンジニアです。

本日は、SE(システムエンジニア)のキャリアを考える上で参考になる本を紹介させて頂きたいと思います。

『勝ち残りSEへの分岐点ノーリスクでハイリターン。プラス”楽”になれる25』

 

システムエンジニアになったけど、どうやってスキルアップしていけばいいのだろうかと悩んでいる方には、最適な本だと思います。

 

  1. お勧めポイント
  2. 私の活用事例
  3. まとめ

 

1.お勧めポイント

本の内容としては、システムエンジニアの仕事への取り組み方のヒントやスキルアップを効率的に取り組むための方法が記載されています。

システムエンジニアに必要なスキルを4つのスキルとして、テクニカルスキル・プロセスマネジメントスキル・ビジネスマネジメントスキル・ヒューマンスキル分類しており、バランスよく伸ばしていく必要があることを記載しています。

詳細な説明は、本書に記載されておりますので、一言で説明すると、技術知識・プロジェクトマネジメント知識等・業務知識等・コミュニケーション能力等になります。

それらの知識を身に着けていく方法等が記載されております。

 

この本の中で、特に私が印象に残った箇所を説明させて頂きます。

1日1時間、土日休んで週5時間を資格勉強の丸暗記等に活用することを勧めている点です。基本情報や応用情報等の勉強をして、システムエンジニアとしての基礎知識を大きくすることを勧めている点が、しっくりきております。

資格を勧めている理由も、考え方として参考になりました。

資格はその道のスペシャリストが考え抜いてまとめられているので、効率よく勉強することができると書いてある点は、私にとっても納得感がありました。

技術知識だけでなく、プロジェクトマネジメント知識にも資格が有効な点も書いてある点は、資格取得の有用性を理解できる点になります。

 

2.私の活用事例

 私はERPパッケージのSAPの導入・保守を行うエンジニアだったので、SAP社が行うベンダー資格は取得していたのですが、あまり業務に直結しない情報処理試験は熱心に取り組んでおりませんでした。

ただ、本書を読んだりしてスキルアップを行う上では、技術知識の基盤を付ける必要があると感じて、基本情報や応用情報の資格取得に取り組むようになりました。

応用情報取得には苦戦しておりますが、今後もスキルアップのために、情報処理の資格取得していきたい思わせてくれる本になります。

 

3.まとめ

私が参考になった資格取得について幅広く書かれているので参考になるのですが、それ以外のとこもスキルアップをする上で、とても役立ちます。

 

少しでも、今後のスキルアップに役立つ知識が提供できれば嬉しいです。


 

 

【お勧め】【子供と遊ぶボードゲーム】ナンジャモンジャ

30代で3歳の子供がいるパパ(職業:エンジニア)です。

今回は私が趣味にしているボードゲームの紹介をしたいと思います。

子供と一緒にボードゲームをしたいと考えている方の参考になればと思います。

今回ご紹介するのは、3歳の子供と楽しんでいるボードゲーム『ナンジャモンジャ』になります。

 

◆良かった点

『ナンジャモンジャ』の良かった点は以下になります。

・ カードに描かれているキャラクターが可愛いらしいので、子供が喜ぶ点

・ 面白い名前を付けられるので楽しさが広がる点

・ ルールが簡単な点(名前をつけて覚えるだけ)


 

 

◆子供と遊ぶボードゲームの選び方

子供と遊ぶボードゲームを選ぶ際に、私が基準にしているのは、子供も大人も楽しめるボードゲームを選ぶようにしています。

 出来れば子供が勝つこともあるゲームをチョイスできることができれば良いと思っております。今回は色々な方のブログを見たり、ルールを確認したところ面白そうなゲームだったので、チョイスしました。

 

◆ゲームの遊び方

ゲームの遊び方は、非常にシンプルです。

順番に、山から一人づつカードをめくっていき、ナンジャモンジャ星人(変な生物)がカードに表示されているので、名前を付けていきます。

同じ生物が出てきたときに、前に付けた名前を叫んだ人が、場に出ているカードを獲得することができます。

次の人が、また、山からカードをめくっていきます。

最終的に山がなくなった時点で終了になり、獲得したカードが一番多い人が勝利となります。

 

◆『ナンジャモンジャ』ゲームの魅力

 最初に3点あげましたが、ナンジャモンジャ星人(変な生物)が可愛いらしいので、子供が名前を付ける際にも楽しみが広がる点は魅力的だと思います。

名前を付ける際には、色々な楽しみ方があります。

もちろん小難しい名前を付けて勝負を楽しむ方法もありますが、身近な知っているような名前を付けることで小さな子供でも分かりやすくなります。

しかも以外と大人より子供のほうが記憶していることもありますので、純粋に勝負ができるのは子供とボードゲームをする上でも魅力的です。

大人数でできるのも魅力的な点だと思います。

手軽に持ち運びができるので、親戚や友人で集まった時にも簡単にボードゲームを楽しむことができます。

 

◆まとめ

子供でも簡単にできる点と持ち運びの便利さを考えると持っていても損はしないゲームだと思っております。

今回の情報が少しでもボードゲームを楽しむ機会に繋がれば嬉しいと思います。

 


 

 

 

【お勧め】【子供と遊ぶボードゲーム】ドブル

 

ボードゲームを趣味にしている私が、3歳である自分の子供と遊ぶために、購入したボードゲーム【ドブル】が子供に大ヒットしたので、参考にして頂ければと思います。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ドブル
価格:1980円(税込、送料無料) (2021/4/29時点)


 

◆良かった点

ドブルの良かった点は以下になります。

  1. 3歳の子供でも簡単にゲーム内容が理解できること
  2. 5種類のミニゲームが楽しめること
  3. 時間がかからないこと(長いと子供が飽きてしまうので)

 

◆購入の経緯 

子供が3歳になった頃から、一緒にボードゲームをしたいと思ったので対象年齢が低く楽しめるボードゲームはないかと探していました。

ボードゲームをしたいと思った理由は、もちろんテレビゲームとかも楽しいとは思うのですが、画面ではなくお互いが向き合って遊べるゲームを子供としたいと思って探しておりました。

 

探す際のコンセプトとしては、幼児でも遊べるのですが、大人も楽しめるものを探したいと思っておりました。

いくつか候補としてピックアップしたのですが、ドブルを購入することにしました。

対象年齢は6歳以上になっておりますが、ドブルの遊び方が単純なため、子供でも出来ると思いました。

ミニゲーム毎に詳細な遊び方は違うのですが、基本的には8個の絵柄がある丸いカードが何枚もあるのですが、2枚のカード内で同じ絵柄を早く見つけた人が、絵柄を叫ぶという単純なものです。)

f:id:k_se_cip:20210429092411j:image

 

ミニゲームが5種類選べるので、1種類ぐらいは子供にヒットするのではないかと思い購入を決めました。

 

◆購入後の遊び方

最初こそルールを覚えるのに少し苦戦しましたが、徐々に慣れていきました。

ミニゲーム内でも以下の2種類のゲームが子供にはヒットしました。

  • スリーカード
  • アツアツポテト

 

スリーカードは、

9枚のカードを表向きにして並べて絵柄が3枚のカードで同じ絵柄を見つけた人がカードを取っていきます。

ただし、それだと親のほうが有利なので、子供は2枚のカードで同じ絵柄を見つければ取っていいとしております。

ルール変更をして親がとられたカード分の補充をするので以外と大変で子供に負けてしまうこともあります。

そのため、子供も勝てる機会があるので楽しんで遊んでくれています。

 

アツアツポテトは、

裏向きに1枚づつカードを配り、手に乗せて表向きにしたタイミングで同じ絵柄を探すゲームになります。

このゲームは、ほとんど親が勝つのですが、手に乗せて絵柄をあわせる動作がすきなのか意外と子供はこの遊びにもはまっております。

 

※ゲームの詳細ルールは、ルールの遊び方が記載されている説明書がありますので、確認することができるかと思います。

 

◆まとめ

対象年齢には到達していないボードゲームだったのですが、ルールを工夫するのが簡単なので、小さい子供と一緒に楽しく遊べるボードゲームかと思います。

今回の情報が少しでもボードゲームを楽しむ機会に繋がれば嬉しいと思います。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ドブル
価格:1980円(税込、送料無料) (2021/4/29時点)